Nutanix上でSoftEtherを動作させた際の性能低下について

SoftEther VPN に関するご質問はこのフォーラムにお気軽にご投稿ください。
Post Reply
ohura
Posts: 1
Joined: Thu Aug 26, 2021 1:39 am

Nutanix上でSoftEtherを動作させた際の性能低下について

Post by ohura » Thu Aug 26, 2021 2:10 am

現在、ハイパーバイザーNutanix上にCentOS8.4.2を使って
SoftEtherの環境を構築しております。

以前は、以下のような構成でPC1とPC2でファイル共有していたの
ですが、
※(SE-VPN)間の回線は、テストの為同一ホスト上の仮想Switchで
10Gbpsの構成です。

この環境ではファイル転送速度が980Mbpsだったものが

WindowsPC1----Windows(SE-VPN)----Windows(SE-VPN)----WindowsPC2

※SE-VPNはいずれもVirtioを仮想NICとして使用おります。

以下の構成に変更したところ

WindowsPC1----Linux(SE-VPN)----Linux(SE-VPN)----WindowsPC2

PC1とPC2間でのファイル転送速度が3Mbps程度しか出なくなって
しまいました。

SE-VPNの仮想NICをe1000に変更したところ130Mbps程度まで回復
したのですが、Windows版の性能には遠く及びませんでした。
尚、速度低下はWindowsPC側のNICをVirtioに変更した場合に
顕著に発生するようで、SE-VPN間のNICをVirtioに変更しても
さほど変化は見られませんでした。

原因がVirtioやハイパーバイザー側にあると思われる為、このような
投稿をさせて頂いて良いものかと悩みましたが、何か性能を改善する
方法をご存じの方がおられましたら、アドバイスを頂ければ幸いです。

SE-VPNは、Ver4.38 Build 9760 を使わせて頂いております。

よろしくお願い致します。

Post Reply